フラット35の選び方は?

あなたに最適なフラット35・住宅ローンはこれ!

ここではフラット35だけに限らず、金利・手数料・貸出条件・繰上返済・審査・諸費用などのポイントを総合的に比較して条件別に一番おすすめの住宅ローンをご紹介していきます。
あなた自身の希望や条件に一番ぴったりの住宅ローンを探すためにお使いください。
今住宅ローンの中で最も損をしない銀行を知りたいという方、借り入れで失敗したくない方、できるだけいい条件で完済を目指したいという方は必見です。

条件別住宅ローンナンバーワンは?

フラット35で金利が一番安い銀行なら!

順位楽天銀行 フラット35
サムネイル

現在史上最も低い水準を記録しているフラット35のなかでも常に最低水準を記録しているのが楽天銀行です。取り扱い金融機関ごとに金利が異なるという特徴があるフラット35は当然金利が低いところから借りるのが鉄則!中でも当サイトのおすすめが楽天銀行になります。金利以外にも非常に低く抑えられた融資事務手数料と諸費用の安さで、フラット35の支払総額ランキングは常にトップクラス。ネット銀行なので全国どこからでも借りることができて、資料請求から契約まで一切来店しなくてもいいという点も忙しい方に人気。低コストのフラット35を選びたいという方は楽天銀行しかありません!

>> 楽天銀行フラット35公式サイトへ <<

スペック

講師

 

フラット35を借りるなら金利が一番安いところを選ぶのが鉄則!金利の高い銀行を選んでしまうとそれだけで大きく損をしてしまうことに。

 

現在フラット35で最低金利を実現していてしかも諸費用が安く、利便性も高いということでおすすめなのが楽天銀行です。


 

 

 

諸費用の安さで選ぶなら!

順位新生銀行住宅ローン
サムネイル

新生銀行のパワースマート住宅ローンは金利と諸費用の安さで他を引き離します。たとえば借入金額3000万円返済期間30年でシミュレーションをすると。新生銀行は事務取扱手数料一律5万円、保証料0円、団体信用生命保険料0円という現在最も諸費用が安いと言ってもいい条件を実現しているのに対して。フラット35の一般的な条件と比較すると事務取扱手数料と団体信用生命保険料を合わせて最大で約240万円もの諸費用の差が出るのです。新生銀行で借り入れるだけでこれだけの費用が節約できるのは非常に大きなメリットと言えます。諸費用で選ぶなら新生銀行住宅ローンでしょう。

>> 新生銀行住宅ローン公式サイトへ <<

スペック

講師

 

住宅ローンを比較する際にはわかりやすい目安である金利だけではなく諸費用も含めて検討することが大事です。
たとえばフラット35は保証料は無料なので、保証料が必要となる一般の住宅ローンよりも借り入れ条件は有利、余計な出費をする必要はありません。

 

しかし団体信用生命保険は原則加入が求められるため3000万円借り入れた場合には完済までに約180万円の保険料を払わなければいけないのです。これは金利を見ただけではわからないポイント。

 

新生銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行は団体信用生命保険料は銀行負担ですから、これらの住宅ローンを選ぶとそれだけで諸費用が安くなります。実質金利はいくらなのかということもしっかり考えることが大切です。


 

 

 

繰り上げ返済のしやすさで選ぶなら!

順位住信SBIネット銀行住宅ローン
サムネイル

住信SBIネット銀行の一部繰り上げ返済は「1円から」「何度でも」手数料無料でできます。住信SBIネット銀行の場合繰り上げ返済で「期間短縮型」と「返済額軽減型」の両方を選ぶことが可能。毎月の返済額を変更せずに返済期間を短縮、もしくは返済期間を変更せずに返済額を軽減のどちらかを選ぶことができます。手数料無料で1円からということでコツコツと買い物のお釣りを繰り上げ返済に回すといったことから、まとまった金額を繰り上げ返済するということも簡単にできるため、住宅ローンの返済負担を大きく軽くすることも可能になるのです。

>> 住信SBIネット銀行公式サイトへ <<

スペック

講師

 

繰り上げ返済のしやすさで住宅ローンを比較した場合、フラット35は手数料無料という点では問題がないのですが、最低100万円からという縛りがありいつでも気軽に繰り上げ返済を行うというわけにはいきません。

 

そのため繰り上げ返済のしやすさで住宅ローンを比較するとフラット35よりもネット銀行系の条件の良い住宅ローンがおすすめになります。

 

上記の住信SBIネット銀行の他にも新生銀行は手数料無料・1円から何度でも繰り上げ返済可能。ソニー銀行は手数料無料・1万円から何度でも繰り上げ返済可能という現在考えられる最高の条件を実現しています。


 

 

 

住宅ローン借り換えで選ぶなら!

順位ソニー銀行住宅ローン
サムネイル

ソニー銀行住宅ローンは借り換えでの利用が80%を占めるという特徴があります。借り換えを希望している方は当然ですがそれまでに住宅ローンを借りて返済を行っている人、いわば経験者であり、その経験者がより大きなメリットを求めて選んでいるという結果が出ているのがソニー銀行なのです。ソニー銀行を選んだ決め手を見てみると、金利が安い・繰り上げ返済が容易・ローン保証料がかからないというのがトップ3。そのほかにも団体信用生命保険料0円、金利タイプの変更が簡単で自由度が高いといったメリットで選ばれています。

>> ソニー銀行住宅ローン公式サイトへ <<

スペック

講師

 

フラット35も住宅ローンの借り換えに対応した現在長期固定金利のローンに借り換えしたいという方にとってはフラット35がベストな選択となります。

 

より高い借り換え効果を目指して変動金利の住宅ローンを選びたいという方にとってはその他の住宅ローンも視野に入れて検討することをお勧めします。住宅ローン借り換えで効果が表れるのは一般的に金利の差が1%以上、返済期間が10年以上、残債が1000万円以上と言われています。

 

より高い借り換え効果を実現したい方は、保証料や、団信生命保険料などの諸費用が安いソニー銀行や新生銀行住宅ローンへの借り換えがおすすめです。


 

 

2017年10月おすすめフラット35住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35業界最低金利を実現!
  • 融資事務手数料率が業界最低水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 支払い総額の安さで人気
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 固定も変動も団信が付いても最低水準の金利
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も安心
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で人気の10年以上の実績
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

フラット35比較一覧

住宅ローンを比較する際にはどうしても金利を重視してしまいがちですがそれだけでは結果的に損をしたり、住宅ローン選びに失敗してしまうこともあります。フラット35を含め住宅ローンを比較する際には、金利だけではなく、諸費用、手数料、貸出条件などをトータルして判断する必要があるのです。金利が安くても団信生命保険料や保証料が必要になるとそれだけで実際に負担しなければいけない金額は大きく増えてしまいます。また最...