フラット35Q&A

フラット35のQ&Aについてとりあげてみたいと思います。

 

土地の購入資金も融資対象になりますか?

基本的にフラット35は住宅に対する融資ですから、土地のみを購入した場合には、融資対象にはなりません。しかし、以下の条件を満たすと、土地の購入資金に対しても融資を受けられます。
・住宅の建設に付随して購入した土地であること
・土地の取得時期が申込日の前々年度の4月1日以降であること
・建物建設費に対する融資と併せて申し込むこと

 

私は専業のデイトレーダーです。昨年の利益は株式とFXを合わせて1000万円でした。フラット35の人に関する審査は甘いと聞きましたが、私はどの程度のローンが組めるでしょうか?

仮にサラリーマンで年収が1000万円でしたら、金利2.5%として35年ローンで最高8000万円を借りても1年の返済額は29万円弱で総合返済負担率の上限35%には達しません。しかし、FXや株式の売買で得られた所得は、継続的な収入とはみなされませんので、無職と同じ扱いになります。従って、専業トレーダーが住宅ローンを組むことは、フラット35に限らず、非常に困難だと思われます。なお、公的年金や預金金利、株式配当などは、継続性が認められて、収入としてカウントされるようです。

 

敷地が定期借地権なのですが、フラット35でローンを組むことはできますか?

定期借地権のついた敷地でもフラット35を利用することはできます。ただし、年齢などで決まる通常の借り入れ期間と、借地権の残存期間の短いほうが、ローン返済期間の上限になります。なお、原則として敷地に住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定する必要があります。また、定期借地権の場合には、土地の借用に対して、いろいろな費用がかかりますが、権利金、保証金、敷金、前払賃料などは、住宅ローンに組み入れることができます。

 

フラット35では、竣工後の技術基準審査に通らないと融資を受けられないと聞きました。竣工した段階で、ローンが受けられないリスクを負わなければならないのですか?

確かに、ローンを締結する条件の一つに、住宅の竣工時検査の適合証明書があります。しかし、技術基準の検査については、設計時、中間時、竣工時の3回にわたってチェックします。基本的には、検査に合格した設計図通り建物を作れば、中間時や竣工時も合格します。仮に、不合格であった場合には、その箇所を是正すれば再検査を受けて合格できるはずです。しかし、基準の中には基礎の高さなど、後からは変えられないものもありますので、注意が必要です。

 

2017年4月おすすめフラット35住宅ローンランキング!