フラット35で金利がお得な銀行は?

フラット35住宅ローンは現在これまでで最も低い金利水準となっています(※ 2012年7月現在)。

 

現在フラット35の金利は長期固定タイプの住宅ローンとしては異例の水準で推移。返済期間35年のものでも2%を切るという状況です。

 

また金利の引き下げが行われるフラット35Sも用意され、変動タイプの住宅ローンとも十分競争できるだけの借り入れ条件を達成しているのです。

 

ただフラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関がコラボレーションしているというその性格上しっかりと比較して借り入れる金融機関を決める必要があります。

 

なぜなら同じフラット35という名前でそれぞれの金融機関が取り扱っているものの、その金利や手数料は金融機関によって異なっているのです。

 

言ってみれば全く同じ名前で違う商品が売られているようなもの、中身をしっかりと吟味、比較して選ばないと思わぬところに落とし穴があって失敗したり、損をしたりということも考えられます。

 

また、ネット銀行が誕生したことにより一般の住宅ローンも条件の良いものが登場するようになりました。

 

その結果、各銀行で競争が激しくなりどんどん条件の良い住宅ローンが出てきています。ですからフラット35比較を行うときは、一般の住宅ローンとの比較も常に考えておく必要があるのです。

 

そういった前提を頭に入れてどうぞ以下の項目をチェックしていってください。

2017年7月おすすめフラット35住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35業界最低金利を実現!
  • 融資事務手数料率が業界最低水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 支払い総額の安さで人気
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 固定も変動も団信が付いても最低水準の金利
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も安心
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で人気の10年以上の実績
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

フラット35比較記事一覧

今回は、フラット35審査甘いは本当なのか?について考えてみたいと思います。フラット35住宅ローンはは、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している、長期固定金利ローンです。一般の民間金融機関が提供している独自の住宅ローンと比べ、やや審査基準が違う点はよく言われています。フラット35審査基準の最も大きな違いは、フラット35では、ローンの対象となる建物が、住宅金融支援機構が定める独自の技術基準...

今回は、フラット35の特徴について考えてみたいと思います。フラット35の最も大きな特徴は、最長35年の全期間固定金利方式であるということです。ローン期間中に、日本や世界の経済情勢がどのように動いたとしても、ローンにかかる金利は変わりません。変動金利型や、一定期間の固定金利型の場合には、金利見直し時に金利が上昇すると、返済額が増えることになります。それに比べ、フラット35では、ローン返済を開始すると...

今回は、フラット35の種類についてみてみたいと思います。フラット35には、いくつかの種類があります。【フラット35】基本となるフラット35の利用条件をまとめてみます。まず、ローン申込者に対する主な条件は、下記の通りです。◆ 申し込み時の年齢が満70歳未満◆ 総合返済負担率(全ての借り入れに対する年間返済額/年収)が30%以内(年収400万円未満)、35%(年収400万円以上)ここで、全ての借り入れ...

今回は、フラット35がどのような人に向いているのか、考えてみたいと思います。フラット35の特徴を考慮したうえでメリットとデメリットを比較しました。現在住宅ローンを選んでいる人でフラット35がおすすめなのはどのようなタイプの人なのかをご紹介します。(1)安定したローン返済を希望する人フラット35の最大のメリットは、長期固定金利なので将来金利が上昇するリスクがない、ということです。最長35年の固定金利...

今回は、フラット35への住宅ローンの借り換えについてみてみたいと思います。住宅ローンの借り換えとは、現在の住宅ローンの替わりに、別の金融機関と新たな住宅ローンを組んで、その融資で現在の住宅ローンを完済してしまう方法で、借り換え以後は、新たな住宅ローンの返済を行うことになります。基本的に現在の住宅ローンより低い金利の住宅ローンに借り換えて、支払額を抑えることになりますが、新たな住宅ローンを組むために...

今回は、フラット35にかかる費用について考えてみたいと思います。一般に、住宅ローンを締結する際には、いろいろな費用(いわゆる諸費用)を支払う必要があります。フラット35の場合には、下記の諸費用が必要になります。1.印紙税一定金額以上のローンを契約すると、契約時に印紙税と呼ばれる税金がかかります。例えば、3000万円のローンを組んだ場合には、2万円の印紙税を支払う必要があります。この金額は、フラット...

フラット35のQ&Aについてとりあげてみたいと思います。土地の購入資金も融資対象になりますか?基本的にフラット35は住宅に対する融資ですから、土地のみを購入した場合には、融資対象にはなりません。しかし、以下の条件を満たすと、土地の購入資金に対しても融資を受けられます。・住宅の建設に付随して購入した土地であること・土地の取得時期が申込日の前々年度の4月1日以降であること・建物建設費に対する融資と併せ...