フラット35は中古住宅の購入にも使える?

 

フラット35は、新築住宅の購入だけに適用されるのでしょうか?中古住宅の購入には使えないのでしょうか?


 

 

フラット35は、中古住宅および中古マンションを購入する場合にも適用されます。

 

ただし、検査機関による調査が必要となり、合格して適合証明書をもらう必要があります。

 

フラット35で中古住宅を購入する際の条件には、以下のものがあります。これは新築と共通です。

 

1住宅金融支援機構の審査基準を満たしている住宅(※事前に物件の調査があります。)
2住宅の床面積が条件を満たしている住宅

 

2の住宅の床面積の基準は以下を参考にしてください。

 

・一戸建て、連続建て、重ね建て住宅の場合70u以上
・マンションの場合30u以上

 

この条件を満たしていないといけません。

 

また、新築中古共に購入金額が消費税を含む1億円以下じゃないと、フラット35の対象になりません。


 

 

 

 

現住宅ローンを、フラット35へ借り換えすることは可能なのでしょうか?


 

 

可能です。ただし、現在組んでいる住宅ローンの残高が上限となります。また、金利減額となるフラット35Sは適用されません。

 

フラット35への借り換えに関する条件は以下の通りです。

 

・借り換え前のローンの債務者と借り換え申し込みが同一人物であること。最大2名まで債務者を追加する事は可能です。
・日本国籍であること。もしくは永住許可を国からもらっている方。
・満70歳未満であること。
・敷地や住宅を共有している場合、ローンを申し込む本人が共有部分を所有していること。
・年収と返済額が基準に適している事。(※年収400万円未満の場合だと全ての返済ローン額が30%以下、400万円以上だと全ての返済ローン額が35%以下)
・現住宅ローンをきちんと返済している方で、ローンを借り入れた日から、フラット35への借り換えまで1年以上が経過している方。
・現ローン残高が8000万円以下でないとダメです。

 

ざっというとこのような条件があります。

 

まだ細かい内容の規約がありますので、最寄の金融機関に聞いてみるといいですよ。


 

 

 

 

フラット35への借り換えを検討していますが、登記費用などのお金がありません。それらの諸経費も一緒にローンを組む事は可能なのでしょうか?


 

 

それは基本できません。諸費用に関しては別のローンを組む必要があります。フラット35へと借り換えをする場合、現在の住宅ローンの残高までが上限となります。融資対象は、あくまでも住宅取得に関するものであり、諸経費まで借りることはできません。


 

 

2017年7月おすすめフラット35住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35業界最低金利を実現!
  • 融資事務手数料率が業界最低水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 支払い総額の安さで人気
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 固定も変動も団信が付いても最低水準の金利
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も安心
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で人気の10年以上の実績
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み