フラット35の団体信用生命保険料は高い?

 

住宅ローンを組む時には、団体信用生命保険に加入する必要がありますよね?フラット35の場合も、同じように保険に加入しなくてはいけませんか?保険料が高いと聞きましたので、できれば入りたくないのですが・・・。


 

フラット35の場合、この団体信用生命保険は任意加入となります。ですので、入らなくても審査が通るようであれば加入する必要はありません。



しかし、あなたにご家族や身内の方がいらっしゃる場合、万が一死亡してしまった場合、あなたのプラスの財産だけではなくローン債務も相続されてしまいます。保険があれば、ローン残金をすべて完済できますので、残された家族の方も安心できます。


ですから、出来るだけ保険には加入したほうがいいでしょう。それに、審査によっては保険に加入しなければ通らない恐れもありますよ。



 


 

フラット35sと銀行が進めてくる変動金利型の住宅ローン、どっちを組もうか悩んでいます。銀行の窓口では変動金利を進められているのですが、やはり金利変動のリスクがない、フラット35sに魅力を感じています。どっちのほうが費用面が安く、今後の支払いが有利でしょうか?


 

確かに変動金利型住宅ローンのほうが、フラットよりも金利が安くお得かもしれません。


しかし、今現在でも市場はかなり低金利ですので、今後あがってくるリスクを排除するためにもフラット35sのほうが、安心できるかもしれません。


ただし、フラット35、フラット35sで住宅ローンを組む際には、注意したい事がひとつあります。


住宅やマンションをローンで購入する場合、団体信用生命保険に入る必要があります。(これに入らないとローンは組めません。) 通常の住宅ローンの場合、この団体信用生命保険料の支払いは自分で行わなければいけません。ただネット銀行系の住宅ローンなどではこの団体信用生命保険料は銀行負担ということで実質無料で保険に加入することができるものも出てきました。



フラット35の場合、毎年1回別途保険料を支払う必要があります。保険料は1000万円の借入れに対して初年度は35800円とされています。


ローン残高が減るにしたがって、この保険料も段々と安くなっていきます。この費用がかからないのと、もしこのまま30年以上低金利が続くとしたら変動のほうが断然お得です。


しかし、金利が上昇を始めた場合、変動金利型ローンはリスクが大きくなっていきます。市場の金利の流れを読む事は、我々にはほぼ不可能ですので、安心したい方は少々高くても、長期固定金利型のフラット35にしたほうがいいでしょう。


2017年7月おすすめフラット35住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35業界最低金利を実現!
  • 融資事務手数料率が業界最低水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 支払い総額の安さで人気
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 固定も変動も団信が付いても最低水準の金利
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も安心
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で人気の10年以上の実績
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み