フラット35の返済方法や担保、保証人について教えてください

 

住宅ローンの返済方法について質問があります。フラット35でローンを組むのを検討しているのですが、返済方法は「元利均等返済」「元金均等返済」の、どちらがいいのか悩んでいます。この2つの違いについて教えてください。またそれぞれのメリット・デメリットについても、教えていただけますでしょうか?


 

 

まずは、元利均等返済について説明します。この返済方法は、毎月の支払い額が一定の返済方法です。

 

元金均等と比べて返済開始時の金額が少ないです。ただし、元金均等返済よりも返済総額が多くなるのがデメリットでしょう。

 

元金均等返済は、最初返済額が高く設定されており、返済期間を重ねるに従って段々と返済額が少なくなっていきます。元利均等返済と比べて返済総額が少ないのが特徴です。しかし、最初のうちは返済負担が大きいのが、この返済方法のデメリットです。

 

ローン完済まで一定の金額で返すのか、最初高めでも後々楽できるかの違いですね。


 

 

 

 

フラット35では担保や保証人が必要でしょうか?


 

 

フラット35は一般的な住宅ローンと違い、保証人は必要がないとされています。担保に関しては、必要となります。ただし、この場合、他の不動産を担保にして融資を受けるわけではありません。

 

融資を受ける対象となる住宅が担保物件となり、住宅金融支援機構が第一順位の抵当権を持ちます。


 

 

 

 

築年数が古い住宅を購入して、リフォームをしようと考えております。その際フラット35で住宅ローンを組みたいのですが、可能でしょうか?


 

 

可能ですよ。築年数が古くても、住宅金融支援機構が定める技術基準、耐震評価基準を満たしていれば、フラット35でローンを組むことができます。

 

気をつけたいのは建物の土台となる基礎工事部分です。この部分が、コンクリート造の布基礎でおこなわれていないといけません。

 

基礎工事には、独立基礎、布基礎、ベタ基礎など種類があり、中古住宅をフラット35で購入する場合は、工法に気をつけなければなりません。


 

 

 

 

新築の一戸建て住宅の購入を検討しています。その際フラット35でローンを組みたいのですが、面倒な物件検査があると聞きます。
その検査の流れを教えてください。また、検査自体は機構がやってくれるのでしょうか?


 

 

新築住宅の場合、まず住宅の設計図が適合しているかどうかを検査します。(設計検査)それに合格したら次に工事が始まり、中間現場検査という形で工事途中に、技術基準を満たしているかどうかチェックが入ります。

 

この検査に合格したら続いて、工事が完了した後の竣工現場検査がおこなわれます。この全ての検査で適合が認められると、適合証明書が交付され、正式に融資を受けることが出来ます。

 

なお、これらの検査は自身で専門の機関に依頼する必要があります。


 

 

2017年3月おすすめフラット35住宅ローンランキング!