フラット35のつなぎ融資は?

 

住宅ローンのつなぎ融資の意味が分かりません。どういったものなのでしょうか?また、そのつなぎ融資は住宅ローンを申し込んだ金融機関で借りられるのでしょうか?


 

 

住宅ローンのつなぎ融資とは、ローン融資が開始されるまでの間に別契約のローンで借入れをおこない、建設会社に支払うためのものをいいます。

 

住宅ローンは、不動産の所有権および抵当権の登記をおこなってからの実行となります。しかし、工事にかかる費用は進行状態によって、その都度支払わなければなりません。

 

その間の資金をカバーする役割を持つ融資のことです。ちなみにつなぎ融資は、利息が日割り計算なので高いのが特徴的。できるだけ早めに手続きをすまして住宅ローンを受け取り、つなぎ融資を完済する必要があります。

 

つなぎ融資は、住宅ローンを組んだ金融機関で借りるのが基本ですが、つなぎ融資を用意していない金融機関の場合借り入れが難しくなることもあります。

 

ただ、フラット35の場合、本審査を行うのが住宅金融支援機構で、つなぎ融資を銀行で受けることになります。その場合、つなぎ融資が受けられなかったら、フラット35の住宅ローンも借りられなくなります。

 

フラット35でつなぎ融資を用意している銀行としては楽天銀行がおすすめです。


 

 

 

 

フラット35の金利について質問です。金利は常に変動していますよね?では、ローンを組む際に、どの時点の金利が適用されるのでしょうか?また、フラット35の金利には、別プランコースのようなものがありますでしょうか?


 

 

金利適用のタイミングは、融資が実行された時点のレートになります。

 

なお、フラット35の場合、その時のレートがずっと固定されるものと、10年経過後に金利が変更される段階性のものがあります。

 

段階性のものといっても変動金利型とは違い、最初割安の金利でローンを支払っていき、後半その割引が消えるといったものです。


 

 

 

 

新築の住宅の購入を検討しています。フラット35は申し込んでから、どのくらいで資金を受け取ることができますか?


 

 

まず、新築住宅を注文して購入する場合、設計検査を検査機関に申請する必要があります。通常これに合格してから着工となります。

 

そこから借入れの申込みを行い、審査の結果が出るまで1週間強ほど待ちます。審査結果が合格ならば、中間現場検査というものがあります。これは工事の途中に、機構の基準を満たしているかどうかチェックするものです。

 

これに通りましたら、竣工に入り、竣工現場検査をおこない合格することで、適合証明書の交付をもらいます。この適合証明書を持って正式な融資の契約が始まります。

 

ですので、条件によっては違いますが、長くて5ヶ月から半年はかかるかもしれません。住宅性能表示制度を利用した住宅なら、手続きがもっと短縮化される場合があると聞きます。


 

 

2017年3月おすすめフラット35住宅ローンランキング!