フラット35比較でおすすめは?

フラット35比較ランキングでおすすめの銀行は?

注目

2017年に入りトランプショックの影響を受けてフラット35や住宅ローンの金利がじわじわと上昇しはじめています。これからの住宅ローン金利動向から考えると、どうやらそろそろ本格的に今借りておかないと将来後悔することになりそうです。

 

長期固定なのに低金利で借りられるフラット35は新規借入れでも借り換えでも住宅ローン選びのファーストチョイスになりつつあります。今後の住宅ローン比較とフラット35選びで損をしたくない方は当サイトのランキングをしっかりと活用してください!

 

フラット35の制度変更が発表されました!

2017年11月1日申し込み受付分からフラット35と団信がひとつになってリニューアルされることが発表されました。

 

この制度変更によって団信保険料相当分が金利に上乗せされて毎月の返済金額に含まれ、保険料を別途支払う必要がなくなります。

 

従来のフラット35は団体信用生命保険(団信)は原則加入で別途申し込みをする必要がありました。団信保険料の支払いは基本的には年払いがメインでその年の保険料をまとめて用意して支払う必要があるなど手間がかかるデメリットがありました。

 

また、フラット35の団信生命保険である機構団信の保障範囲が広がり保障内容が充実することも決まっています。たとえば新3大疾病保障付きの場合には、介護保障として、要介護2以上に認定された場合に団信保険が支払われます。

 

この制度変更によってフラット35の団信がより使いやすくなったことは間違いありません。

 

一般の住宅ローンで団信保険料無料とされている住宅ローンでも実際には保険料は金利の中に含まれています。フラット35もこれらの住宅ローンと同じ水準になったということでもあります。

 

制度変更でデメリットも

また、この制度変更でデメリットも考えられます。

 

まずはフラット35Sの金利引き下げ幅が0.05%減少し、0.25%のマイナスになることが決まりました。これまで0.3%の金利引き下げを受けられていたものが多少とは言え下げられるのが少し気になるところ。(【フラット35】子育て支援型・【フラット35】地域活性化型の引き下げと併用は可能です。)

 

また、団信保険料が金利に上乗せされるということで金利が最低でも0.3%程度は上がるのは間違いありません。団信分の金利上昇によって場合によっては収入に関する基準を満たすのが難しくなるケースもあるのではないかといわれています。こういったデメリットにもしっかりと注意を払っておきましょう。

 

 

2017年11月おすすめフラット35住宅ローンランキング!

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要だから時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約が無料
  • がんと診断でローンが2分の1に
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座なしでも申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35業界最低金利を実現!
  • 融資事務手数料率が業界最低水準
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 支払い総額の安さで人気
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 繰り上げ返済手数料無料・1円から
  • 固定も変動も団信が付いても最低水準の金利
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • 借入れまで来店不要
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 安心パックで借りた後も安心
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 新規借り入れ・借り換えともにメリット大
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35で人気の10年以上の実績
  • スピード審査・安定収入で申し込み可能
  • ARUHIメンバーズクラブがお得
  • 実店舗を全国展開、安心のサポート
  • 6年連続フラット35シェアNo.1
  • フラット35は団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

フラット35とは?【どんな特徴のある住宅ローンなの?】

の画像

フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している、長期固定金利の商品です。

 

住宅金融支援機構の前身の住宅金融公庫では、個人に対して公庫が直接融資する事業を行っていましたが、これは民業圧迫だという批判を受けていました。

 

住宅金融支援機構では、公庫の行っていたローンの証券化を支援する事業を基に、証券化によって金融市場から調達した資金を民間の金融機関に供給して、マイホームを購入する人に長期固定でローンを提供するしくみをつくりました。こうして生まれたのがフラット35です。

 

フラットとは、長期固定金利方式を採用していて、返済の全ての期間で利率が変わらないことを表しています。35は、最長35年の借り入れが可能であることを表しています。比較的安い固定タイプで金利変動リスクのない住宅ローンが組めるということが最大の魅力です。

 

フラット35には、「買取型」と「保証型」という2種類のローン方式があります。

 

買取型では、住宅金融支援機構が民間金融機関から住宅購入者に行った融資の債権を買い取ります、そしてその債券を信託銀行などに信託し、信託した債権によって担保される不動産担保証券を投資家に対して発行します。

 

また、機構は債権の買取代金として、発行代金を金融機関に支払います。ローン申込者が金融機関へ支払う返済金は、機構に渡り、投資家への利息として支払われます。このような仕組みで、比較的低金利の長期固定金利型ローンが実現しました。買取型は、多くの金融機関が提供しています。

 

保障型のフラット35では、民間金融機関の商品とさほど仕組みの違いがありません。住宅金融支援機構の係り方は、いわゆる保証会社のような役割を果たします。すなわち、住宅ローンの返済が困難になった場合には、住宅金融支援機構が保険金(ローンの残高)を支払います。

 

保障型は、扱っている金融機関が4行しかなかったのですが、徐々に新規受付を終了させる金融機関が増えました。現在では、三菱東京UFJ銀行で新規申し込みを受け付けていますが、その新規申し込みも2012年3月30日で終了してしまいます。

 

申し込み条件は住宅金融支援機構が定めていますが、ローンの金利や手数料については、各金融会社が独自に設定しています。

 

また、フラット35では、団体信用生命保険の保険料は自己負担になりま、ですから単純に表面上の数字だけで比較せずに、諸費用を含めて様々な条件を比較して検討するする必要があります。

 

団体信用生命保険は加入してない場合のリスクが高いことと、保険料無料の商品が登場してきていることも考慮しなければなりません。

 

フラット35借り入れに関する口コミの一部をご紹介!

 

ARUHIで新規借り入れ

私がARUHIのフラット35にした理由は、私たちにとって色々メリットがあると感じたからです。まず最長35年の超長期を選択することが出来ます。又、もちろん35年より短い期間でも大丈夫です。

 

次に全期間固定金利融資を受ける際に金利が確定し、最後まで同じ金利が続く事です。途中で金利が変動したり、期間を再選択する必要がないため、住宅ローン開始時に毎月の支払額が返済まで確定します。金利変動リスクに頭を悩ます事がなく、自分のペースで住宅ローンの返済ができるのは私たちには魅力でした。

 

後、一般的な住宅ローンで必要となる保証料が不要で、保証料のある住宅ローンでは、2500万円を35年返済で借りた場合、40〜50万円程度の融資保証料が必要になることが多いですが、この分が不要となります。保証料はまったくの不要経費と考えていた為、このメリットは大きかったです。

 

保証料と同じく、保証人も不要で、無駄な手続きがないため、住宅ローン申し込み手続きの手間が省けました。繰上げ返済を行う際の手数料も無料で、繰上げ返済のハードルが下がり、繰上げ返済の意欲も湧きました。長い期間を共にする住宅ローンとしては大きなメリットです。

30代 会社員

 

 

 

 

三菱東京UFJ銀行で新規借り入れ

人生の中で高い買い物のひとつである家の購入。不動産会社のアドバイスでは、ちがう銀行さんが書いてありました。それはたまたまその担当者の方のお父様が勤務されているという理由でした。なんだか公私混同だと思いましたが、銀行や保険、不動産はお客獲得にとにかくちょっとした縁が決め手になることが多いでしょうから、営業マンとしては優秀なアドバイスだったのかもしれません。

 

しかしながら結局選択したのは普段のメインバンクにしました。理由はこれまでの預貯金の実績があればより信頼につながるし、借り手としても安心。フラット35を選んだのは、借り出しの自分達の年齢がそれほど若くなく、リスクなく支払っていきたいというのが一番の理由です。

 

銀行側の対応は、それほど大きな金額ではなくとも住宅ローンということで、それはそれは丁寧に対応してくださいました。仕事の都合で妻のみが最終契約にいきました。その後、現在は金利がかなり低くなっているのをみると変動にしたほうがよかったかも?と思いますが、リスクを心配するのは避けたいので、やはり安定したフラット35にして精神的によかったと思ってます。

40代 会社員

 

 

フラット35金利比較メリットをシミュレーションで検証!

説明の画像

ここでは、フラット35の金利について考えてみたいと思います。

 

第一の魅力はローン期間が終わるまでずっと固定金利だということです。ここでは35年長期固定住宅ローンを取り扱っている各金融機関の状況を調べてみましょう

 

フラット35を扱っている金融機関は、融資手数料が金額によらず一定としている金利を掲載しました。

 

今回調査した範囲ではフラット35の金利について、最も安い金融機関は、楽天銀行とARUHIとなりました。金融機関独自の住宅ローンでは、住信SBIネット銀行が提供していて、ほとんど差がないといっていいかも知れません。

 

楽天銀行の場合は融資手数料が借り入れ金額の1.365%となっています。例えば3000万円借り入れた場合には、3000万×0.01365=40万9500円になります。一方、住信SBIネット銀行の融資手数料は借り入れ金額の2.1%になっていますので、楽天銀行の方が金利と手数料とも安いということになります。

 

一方、融資手数料一定としているものについては、ろうきんが2.4%と最も安い金利を提供しています。先ほどの借り入れ金額に比例する手数料体系に比べ金利は0.2%高くなっています。ろうきんの手数料は、一般の人の場合、3万1500円となっています。金利が高い代わりに、手数料はだいぶ安くなっています。では、どちらが得なのでしょうか?

 

先ほどの元金3000万円で35年ローンについて、シミュレーションをしてみます。元利均等方式で、ボーナス月の増額はなしとします。楽天銀行の現時点での条件(2.2%)では、毎月の返済額は10万2485円で、総支払額は4304万3700円になります。

 

手数料の40万9500円を加えると、4345万3200円になります。ろうきんの条件では、毎月の返済額は10万5647円で、総支払額は4437万1740円になります。手数料の3万1500円を加えると、4440万3240円になりますので、手数料が高い楽天銀行の方が支払額のトータルが安くなりました。

 

また引き落とし口座を楽天銀行にするとこの手数料がさらに低くなるキャンペーンも行われていますので、実質的な差はより広がることになります。

 

単純に利率の高低だけではなく、その他の支払額も含めて検討する必要があります。

 

フラット35おすすめ住宅ローンをもっと詳しく紹介!

楽天銀行フラット35

楽天銀行はフラット35取扱金融機関の中でも最低水準の金利と融資事務手数料を達成、総返済額ランキングで上位に入る人気の商品です。

 

インターネット企業の楽天が運営するネット銀行だから実現できたコストカットにより高いサービス力が口コミでの人気の理由なのです。

 

申し込みや審査、相談などは電話と郵送で行われるため、資料の請求から契約まで一切来店不要、普段仕事で忙しい方にも便利でおすすめ。もちろん金利が引き下げられるフラット35Sエコにも対応。

 

さらに金利の低いフラット20プランや期間を延ばした親子リレー返済などにも対応、つなぎ融資も用意するなど常に借り手の立場に立ったサービスを提供してくれます。

 

また審査の際に勤務形態を問わないので派遣や契約社員、パートの方でも申し込み可能、民間住宅ローンと比較すると年収制限がない点も魅力です。

 

比較ランキングではトップの常連である楽天銀行は借り入れの際にまず検討することをおすすめします。

矢印
申し込み

 

新生銀行住宅ローン

新生銀行のパワースマート住宅ローンはフラット35の商品ではありませんが、長期固定で低金利という特徴と条件の良さで口コミでの評判も良いためここでご紹介します。

 

新生銀行の特徴は低金利ということはもちろん、保証料0円、繰上返済手数料0円、団体信用生命保険料0円というサービスの良さにあります。繰上返済は1円から何度でもネットで申し込み可能、100万円からという下限が決まっているフラット35と比較するとその条件の良さは一目瞭然。団信生命保険料も年間10万円以上かかるのが普通ですから圧倒的に条件が良いことがわかります。

 

事務取扱手数料も安いため諸費用も低く抑えるとことが可能とメリットが多いのが魅力の新生銀行。

 

借り換えでも借り入れ期間を延長することで毎月の返済負担を減らすことが可能になるなど人気を集めています。比較ランキングでも常に上位に入るのも納得、当サイトイチオシです。

矢印
申し込み

 

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

住信SBIネット銀行も上記の新生銀行と同様一般の住宅ローンですがおすすめするに値する好条件ということでここでご紹介しています。新世代の商品として注目され比較ランキングでも急上昇の住信SBIネット銀行。

 

繰上返済手数料0円・保証料0円・団体信用生命保険料0円さらに将来の病気のリスクに備えることができる全疾病保障も0円と文句なしの好条件

 

また金利の低さも住信SBIネット銀行の特徴で、フラット35に劣らない低水準を達成しています。また、変動金利と固定金利のメリットを療法受けられるミックスローンを用意するなど常に商品に改良が加えられ、より便利に使える等になっているのも注目のポイントです。

 

手続きはネットと郵送で完結するので忙しい方にもおすすめ。まずはシミュレーションを試してみてそのメリットを体感してください。変動タイプでも大手都市銀行など他の金融機関と比較しても最低水準となっていますからそのメリットも考慮する場合特におすすめになります。

矢印
申し込み

 

ARUHIフラット35

ARUHIのフラット35は業界最低水準の金利を達成、取り扱いシェアナンバーワンを達成するなど比較ランキングでも人気が高くなっています。

 

全国に100以上の住宅ローンショップを展開し借り入れや借り換えの相談や申し込みが可能、実際に担当の方と顔を合わせて相談したいという方におすすめです。

 

優良住宅取得支援制度のフラット35Sにももちろん対応しているので条件を満たせば金利の優遇を受けることも可能。フラット35はどの金融機関で借りても全期間固定、保証料無料、繰上返済手数料無料といった条件はすべて同じですから、借り入れを検討する際には金融機関ごとに異なる金利と諸費用をしっかりと比較して少しでもお得なところを見つける必要があります。

 

大手の都市銀行などではなかなか下げられない水準を達成しているのが魅力。また全疾病保証特約や失業補償特約を付帯させることができるなど借りる側の立場に立ったサービスを提供してくれるのも注目ポイントです。

矢印
申し込み